当社の製品はアイントホーフェンの社内施設でで開発されています。 欧州のシリコンバレーともいわれるオランダのこの都市は、ブレインポート、ハイテクキャンパス、アイントホーフェン工科大学、デザインアカデミーなどがあります。 このようなハイテク都市に本社を置くことで、当社製品は継続的に改善され、現代のホイール製造界の未来を切り開いています。

専門的なサイクリングの技術的背景と経験により、ホイールをどのように開発して実行すべきかについて十分に理解できました。 しかし業界をリードするブランドと競争するには、より具体的な知識を得る必要がありました。 そのため、私たちは一緒にホイールビルディングの限界を押し広げたいと考えている開発パートナーを探し始めました。 その結果、当社は成功への鍵である強力なネットワークを構築することができました。

ホイールのエアロダイナミクスを決定する要因は一つではありませんが、 最も重要なのはリムの高さと形状です。 周知のようにリムの高さが高さほど空気の流れが良くなりますが、エアロダイナミックス的安定性つまり走行時のホイールの空気の感じ方を決めるのは形状です。

Rシリーズホイールの開発は、まさにそれを実現しました。 私たちは路上でひたすら走り続けました。 選ばれたアスリートグループと共に1年以上にわたり走行風のデータを収集しました。 これによってどの状況下でホイールが安定するか、あるいは不安定に感じられるかが明らかになりました。 またTU Eindhovenと協力して詳細なCFD分析を行い、R3、R4、およびR5モデルの特徴的な26mm U字型リムプロファイルを定義しました。

その過程でタイヤから始まるリム形状を設計し、タイヤが完全にフィットするようにし、2つのタイヤの間に滑らかなエアフォイルを作成しました。 次に、風洞での調査結果を検証しました。 私たちのエアロダイナミックスに対する考え方とその応用についてご興味のある方は動画をご覧ください。

white paper

ライト

ウェイト

オランダのデルフト工科大学の航空宇宙工学部は、ホイールの強度と剛性のバランスを追求するため、カーボンレイアップの最適化を研究しました。 私たちのローカル強化技術は共同開発され、ロードおよびオフロードモデルの減量に成功しました。

white paper

リムブレーキホイールの場合、長時間の激しいブレーキングでは表面摩擦温度が280℃にも達することがあります。 リムの故障を避けるために、高温に耐えうるブレーキ面の開発が必須です。 Rシリーズのリムブレーキモデルは独自開発の樹脂を使用して高温に対応しています。 特殊な製造プロセスで樹脂を組み合わせることで、 ブレーキ面の一貫したカーボンレイアップを最適化しました。 ブレーキ性能に対する当社独自のアプローチの詳しい説明については動画をご覧ください。

white paper

極めて高い

耐久性

耐久性はハブ寿命の重要な要素です。 ベアリングを汚れや水から守るために独自のシステムを開発しました。 アクスルエンドキャップの横にあるベアリング側面を覆い、ベアリング内部に独自のシールとグリースを使用します。 さらにSKF産業用ベアリングを標準として使用し、CeramicSpeedベアリングのアップグレードもご用意しています。 これにより全体的にハブの耐久性を最適化することができます。

white paper

すべてのScopeホイールはシステムとして構築されています。 同等のスポーク張力を維持しながら非常に高い横方向の剛性を実現するためにハブのフランジ距離を最適化しました。 横方向の剛性の60%近くがフランジ距離によって決定されるため広いフランジ距離が不可欠です。

他の重要な側面は、スポークの数、その厚さ、およびリムの剛性です。 スポークの量と厚さの組み合わせにより、ホイール全体の横方向剛性の約25%が決まり、リムの剛性はさらに15%を決定します。

ホイールの横方向の均一な剛性は、47〜52 Nm / mmです。これは自転車用ホイール市場のベンチマークです。

white paper

Scope開発パートナー

当社の製品はアイントホーフェンの社内施設でで開発されています。 欧州のシリコンバレーともいわれるオランダのこの都市は、ブレインポート、ハイテクキャンパス、アイントホーフェン工科大学、デザインアカデミーなどがあります。 このようなハイテク都市に本社を置くことで、当社製品は継続的に改善され、現代のホイール製造界の未来を切り開いています。

専門的なサイクリングの技術的背景と経験により、ホイールをどのように開発して実行すべきかについて十分に理解できました。 しかし業界をリードするブランドと競争するには、より具体的な知識を得る必要がありました。 そのため、私たちは一緒にホイールビルディングの限界を押し広げたいと考えている開発パートナーを探し始めました。 その結果、当社は成功への鍵である強力なネットワークを構築することができました。

ホイールのエアロダイナミクスを決定する要因は一つではありませんが、 最も重要なのはリムの高さと形状です。 周知のようにリムの高さが高さほど空気の流れが良くなりますが、エアロダイナミックス的安定性つまり走行時のホイールの空気の感じ方を決めるのは形状です。

Rシリーズホイールの開発は、まさにそれを実現しました。 私たちは路上でひたすら走り続けました。 選ばれたアスリートグループと共に1年以上にわたり走行風のデータを収集しました。 これによってどの状況下でホイールが安定するか、あるいは不安定に感じられるかが明らかになりました。 またTU Eindhovenと協力して詳細なCFD分析を行い、R3、R4、およびR5モデルの特徴的な26mm U字型リムプロファイルを定義しました。

その過程でタイヤから始まるリム形状を設計し、タイヤが完全にフィットするようにし、2つのタイヤの間に滑らかなエアフォイルを作成しました。 次に、風洞での調査結果を検証しました。 私たちのエアロダイナミックスに対する考え方とその応用についてご興味のある方は動画をご覧ください。

WHITE PAPER

ライト

ウェイト

オランダのデルフト工科大学の航空宇宙工学部は、ホイールの強度と剛性のバランスを追求するため、カーボンレイアップの最適化を研究しました。 私たちのローカル強化技術は共同開発され、ロードおよびオフロードモデルの減量に成功しました。

WHITE PAPER

リムブレーキホイールの場合、長時間の激しいブレーキングでは表面摩擦温度が280℃にも達することがあります。 リムの故障を避けるために、高温に耐えうるブレーキ面の開発が必須です。 Rシリーズのリムブレーキモデルは独自開発の樹脂を使用して高温に対応しています。 特殊な製造プロセスで樹脂を組み合わせることで、 ブレーキ面の一貫したカーボンレイアップを最適化しました。 ブレーキ性能に対する当社独自のアプローチの詳しい説明については動画をご覧ください。

WHITE PAPER

極めて高い

耐久性

耐久性はハブ寿命の重要な要素です。 ベアリングを汚れや水から守るために独自のシステムを開発しました。 アクスルエンドキャップの横にあるベアリング側面を覆い、ベアリング内部に独自のシールとグリースを使用します。 さらにSKF産業用ベアリングを標準として使用し、CeramicSpeedベアリングのアップグレードもご用意しています。 これにより全体的にハブの耐久性を最適化することができます。

WHITE PAPER

すべてのScopeホイールはシステムとして構築されています。 同等のスポーク張力を維持しながら非常に高い横方向の剛性を実現するためにハブのフランジ距離を最適化しました。 横方向の剛性の60%近くがフランジ距離によって決定されるため広いフランジ距離が不可欠です。

他の重要な側面は、スポークの数、その厚さ、およびリムの剛性です。 スポークの量と厚さの組み合わせにより、ホイール全体の横方向剛性の約25%が決まり、リムの剛性はさらに15%を決定します。

ホイールの横方向の均一な剛性は、47〜52 Nm / mmです。これは自転車用ホイール市場のベンチマークです。

white paper

Scope開発パートナー

当社の製品はアイントホーフェンの社内施設でで開発されています。 欧州のシリコンバレーともいわれるオランダのこの都市は、ブレインポート、ハイテクキャンパス、アイントホーフェン工科大学、デザインアカデミーなどがあります。 このようなハイテク都市に本社を置くことで、当社製品は継続的に改善され、現代のホイール製造界の未来を切り開いています。

専門的なサイクリングの技術的背景と経験により、ホイールをどのように開発して実行すべきかについて十分に理解できました。 しかし業界をリードするブランドと競争するには、より具体的な知識を得る必要がありました。 そのため、私たちは一緒にホイールビルディングの限界を押し広げたいと考えている開発パートナーを探し始めました。 その結果、当社は成功への鍵である強力なネットワークを構築することができました。

ホイールのエアロダイナミクスを決定する要因は一つではありませんが、 最も重要なのはリムの高さと形状です。 周知のようにリムの高さが高さほど空気の流れが良くなりますが、エアロダイナミックス的安定性つまり走行時のホイールの空気の感じ方を決めるのは形状です。

Rシリーズホイールの開発は、まさにそれを実現しました。 私たちは路上でひたすら走り続けました。 選ばれたアスリートグループと共に1年以上にわたり走行風のデータを収集しました。 これによってどの状況下でホイールが安定するか、あるいは不安定に感じられるかが明らかになりました。 またTU Eindhovenと協力して詳細なCFD分析を行い、R3、R4、およびR5モデルの特徴的な26mm U字型リムプロファイルを定義しました。

その過程でタイヤから始まるリム形状を設計し、タイヤが完全にフィットするようにし、2つのタイヤの間に滑らかなエアフォイルを作成しました。 次に、風洞での調査結果を検証しました。 私たちのエアロダイナミックスに対する考え方とその応用についてご興味のある方は動画をご覧ください。

white paper

ライト

ウェイト

オランダのデルフト工科大学の航空宇宙工学部は、ホイールの強度と剛性のバランスを追求するため、カーボンレイアップの最適化を研究しました。 私たちのローカル強化技術は共同開発され、ロードおよびオフロードモデルの減量に成功しました。

white paper

リムブレーキホイールの場合、長時間の激しいブレーキングでは表面摩擦温度が280℃にも達することがあります。 リムの故障を避けるために、高温に耐えうるブレーキ面の開発が必須です。 Rシリーズのリムブレーキモデルは独自開発の樹脂を使用して高温に対応しています。 特殊な製造プロセスで樹脂を組み合わせることで、 ブレーキ面の一貫したカーボンレイアップを最適化しました。 ブレーキ性能に対する当社独自のアプローチの詳しい説明については動画をご覧ください。

white paper

極めて高い

耐久性

耐久性はハブ寿命の重要な要素です。 ベアリングを汚れや水から守るために独自のシステムを開発しました。 アクスルエンドキャップの横にあるベアリング側面を覆い、ベアリング内部に独自のシールとグリースを使用します。 さらにSKF産業用ベアリングを標準として使用し、CeramicSpeedベアリングのアップグレードもご用意しています。 これにより全体的にハブの耐久性を最適化することができます。

white paper

すべてのScopeホイールはシステムとして構築されています。 同等のスポーク張力を維持しながら非常に高い横方向の剛性を実現するためにハブのフランジ距離を最適化しました。 横方向の剛性の60%近くがフランジ距離によって決定されるため広いフランジ距離が不可欠です。

他の重要な側面は、スポークの数、その厚さ、およびリムの剛性です。 スポークの量と厚さの組み合わせにより、ホイール全体の横方向剛性の約25%が決まり、リムの剛性はさらに15%を決定します。

ホイールの横方向の均一な剛性は、47〜52 Nm / mmです。これは自転車用ホイール市場のベンチマークです。

white paper

Scope開発パートナー